ボクシング、格闘技「懐が深い」の定義

運動能力・健康度
07 /05 2018









ボクシング、格闘技「懐が深い」の定義

安定した重心を保てる範囲が広いこと
ボクシング、剣道、柔道、 武道において、両足の中央ラ イン上を、前後に安定して重 心移動できる範囲を「懐の深 さ」と定義します。

「後ろ足の踝の位置A」から
「前足の拇指球の位置B」まで
行えるのが最も「懐が深い」と
言えます。

重心が崩れた状態の定義
1)「基底面から」ズレた状態
重心落下点がグレーの基底面がら
外に出た状態を言います。基底面に
は小指球、カカトは含まれません。

2)「頭部重心が」ズレた状態
頭部の重心が「股関 節」より、後ろ、横(グ レーの範囲)にある状 態を言います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

発達と歪み研究所

http://www.88stg.rgr.jp