FC2ブログ

井上尚弥選手のオーバーハンドが速く強い理由2(井上尚弥はなぜ強い)

ボクシング 井上尚弥選手
06 /23 2018
世界3階級制覇王者のプロボクサー井上尚弥選手の強さを構造的に説明します。

肩甲胸郭関節については「井上尚弥のオーバーハンドが速くパワフルな理由1」を参照ください







井上尚弥選手のオーバーハンドが速くパワフルな理由2

肩甲胸郭関節を使ったパンチの破壊力が絶大(ルフィ級)

肩甲胸郭関節を使うオーバーハンドパンチはアニメ、ワンピース主人公ルフィのパンチ「巨人族の腕」のような破壊力がある


●肩甲胸郭関節体腕は肩甲胸郭関節面で体に密着
胴体が回転するとゴム
状の腕が、作用・反作
用の法則で反対方向に
「たわむ」
腕の「たわみ」が最大
限になる
引き伸ばされたゴムが
縮むように、腕の回転
運動が始まる
ゴム状の腕全体が回転
運動をして、破壊力絶
大なパンチになる。パ
ンチの反作用は肩甲胸
郭関節面で受ける

●肩関節体
腕は肩関節で 体に密着
胴体が回転すると反作
用で肩関節が反対方向
に引っぱられる
胴体と腕が同時に回転
する
胴体と腕が同時に回転
する
パンチの破壊力は小さ い。パンチの反作用は 肩関節で受けるため、 肩を痛めやすい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

発達と歪み研究所

発達と歪み研究所では
・骨格細分化調整
・構造的に正しい姿勢
・構造的に正しい身体の使い方(身体操作)
を研究しています。

「骨格細分化調整」と「構造的に正しい姿勢・身体の使い方指導」という、2つのアプローチを用い、中心軸整体にて、赤ちゃん整体、子供整体、構造的に正しい姿勢調整を行っています。