安藤友香選手・忍者走りとは、構造的理解7 (中心軸)

安藤友香選手
04 /13 2017
(1)重心線、中心軸、身体軸とは
①重心線
人間の重心点から、 地球の中心を結んだ鉛直線のことです。
200jyuushin1.jpg  200jyuushin2.jpg
重心点とは物体の重さの中心です。人間の重心点はおおよそ、へその少し上方内側にあります。
200jyuushin3.jpg  200jyuushin4.jpg

②中心軸
重心線を延長した、足から頭までの身体を貫く軸です。 重心線と一致しています。
200jyuushin5.jpg  200jyuushin6.jpg

③身体軸
身体の形状に合わせた軸のことを言います。身体をCTスキャンのようにスライスすると、スライスされた一つ一つの身体に重心点があります。その重心点を結んだラインが身体軸です。
200jyuushin8.jpg  200jyuushin7.jpg
説明しやすくするため、身体軸を三つに分けて、頭軸(とうじく)、胴体軸(どうたいじく)、脚軸(きゃくじく)と表現します。
200jyuushin9.jpg
通常の立位や日常生活では、中心軸と身体軸の一致した状態のほうが、重力負担が小さく、身体負担も小さいので、疲れにくく合理的です。
200jyuushin10.jpg  200jyuushin11.jpg

(2)中心軸のある身体状態とは

「重心落下点を常に感じることが出来る」が大前提です。
200jyuushin12.jpg
重心落下点とは、地面上に存在している、自分の重心線と接した1点です。片手を僅かに挙げただけでも、重心落下点は移動します。立っている時、座っている時、歩いている時、運動している時、感じようとすればいつでも感じられる身体状態であることが、中心軸のある身体には必要です。

また、この身体状態は「1点で立っている状態」になり、身体は微妙にゆらいでいます。そのため、筋肉ではなく「骨格主導」にて立っています。
200jyuushin13.jpg  200jyuushin14.jpg

(3)「点で立つ」中心軸に必要な2つの構造

①脊柱の生理的湾曲
発生学的に見ていくと、人類は、四足から直立二足歩行へと進化する事で、脳が発達し、手も自由に使える様になりました。身体各部の重量を、最も身体的に負担なく、立ったり・座ったり・活動したりする為に、背骨が直立歩行に適した有利な形に変化してきました。この有利な形が、「脊柱の生理的湾曲」です。
直立二足歩行の人間は、歩いたり、走ったりする事で身体に衝撃を受けています。衝撃には大き く分けて「前後方向」「左右方向」「上下方向」があります。脊柱は生理的湾曲のあるお陰で「前後・上下方向の衝撃に、より強い構造」になっています。身体への衝撃を、ショックアブソーバーとして働き吸収するのが生理的湾曲です。
seiriwankyoku1.jpg  seiriwankyoku2.jpg
生理的湾曲が形成されると、背骨は中心にまとわりつくように寄り添って中心軸が形成されやすくなります。

②脚三関節の「自由度」と「ゆらぎ」(股関節、膝関節、足首の関節)
生理的湾曲の形成された胴体を支える脚三関節に「ゆらぎ」のあることで1点で立てるようになります。ここが固まっていると、骨格主導では立てず「ゆらぎ」が消え、中心軸が失われてしまいます。

(4)中心軸を保って走るために必要な胴体一体化

生理的湾曲のある胴体を崩さずに運動できる状態を「胴体一体化」と言います。そのためには、
・重心を感じることのできる緩んだ身体
・自由でゆらぎのある脚三関節
・生理的湾曲を維持できる強固な身体
以上が必須となります。
seiriwankyoku3.jpg 200jiku andou1
サッカー中村俊輔選手      安藤友香選手(中心軸で表現)
seiriwankyoku5.jpg seiriwankyoku4.jpg
陸上ボルト選手     テニス錦織圭選手(生理的湾曲で表現)

(5)中心軸の効果

中心軸が形成されていることで、安藤友香選手にて説明してきた身体構造を体現することが可能になります。
①肩甲関節体による腕の振り
②胴体垂直による落下前進運動
③極限まで上下運動が小さいピッチ走法
④骨格の長所を生かす走法
⑤腰をひねらず、前後運動もしない走法

以上となります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

発達と歪み研究所

http://www.88stg.rgr.jp